「宗棍」の連載が始まります

あけましておめでとうございます。

今日の琉球新報文化面に、今野敏先生の新連載小説「宗棍」の特集が載っています。

私も挿絵担当として紹介していただきました^^

連載されるのは今野先生で、私は約一年間それについて行くのみ…ですが、初めての長期連載の挿絵、おっかなびっくり楽しみでワサワサ〜!する年末年始となりました。

2020年は空手漬けとなりそうです。実はもともと疎いのですが…やるからには妙なものを描かないよう、しっかり勉強するつもりです。とりあえず、空手体験の予約を入れました…!(運動音痴の空手漬けの一年、どうなることやら^^;)

物語の主人公は、空手の創始者・松村宗棍(まつむらそうこん)。

私が挿絵で関わっている「絵で解る琉球王国」シリーズでも、唯一空手家として紹介しています。

沖縄で空手が生まれた過程は謎が多く、現在の流派も多彩で複雑で。沖縄に長く住んでいても、知らない人にはよく分からない空手の世界。でも世界中で、複雑なまま広がって、熱狂的に受け入れられている。

その魅力って、やっぱりやってみないとよく分からない…白状すればこんな心境です。

頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です