ストーリーと肖像画

ストーリーと肖像画

「夏空と子どもたち」

ってタイトルの、涼しげな絵が完成。

ビーチに持っていったら、空と海のグラデーションにフィットして溶け込んだ。

モデルさんは

我が家の兄妹と同年齢のお友達。

親戚みたいに長い付き合いで、兄弟揃ってもっとずっと小さい時からよく知っている。

そんな関係だから、表情やなんかそっくりに描けたなと思う。

下書きはデジタルで描いた

写真を参考に

お母さんが自宅前で撮影したという二人の写真が、きまってるけど自然体で。

日常の一コマだけどカッコイイ、良い写真だったから、描いてみたいと思った。

リアル過ぎず、デフォルメ過ぎないこのくらいが好み…

この絵に込めたストーリー

元になった写真から、若干のアングルと、空と、壁の色は変えて描いた。

 

夏の絵だから、日差しは強いけど、色合いはソーダみたく涼しげにしたい。

主人公はこの子達。

ふたりともグングングングン成長中、現在進行形。

そのスピードと眩しさが、積乱雲みたいだと思った。

画面にいるのは兄弟だけど、実はそれを見ている親の目線ももう一つの主役。

仰いで目を眇めるような雰囲気を、強調するためにパースを調整。

 

そんなことを考えながら描いたから

「今」を閉じ込めたような、ノスタルジックな絵が出来上がった。

ここまで来て、壁と床の色に悩む

一枚絵に人のストーリーと迫力を込めたい

という希望が私の原点にあって、

仕事としては、デジタルイラストもデザインも動画も作るんですが

これからは、こうして一枚の絵に向き合う時間をなるべく増やしたいなと思っている。

デジタルで下書き、それを紙に転写して、色鉛筆と絵具で塗る

ストーリーのある肖像画が描きたい

  • 似ているだけじゃなく
  • リアルなだけじゃなく
  • 綺麗なだけじゃなく

そこにいる主人公のストーリーが気になって、目が釘付けになってしまう

そういう絵が描ければ私も幸せだし

絵を頼んでいただいた人も、周りの人も、きっと少し幸せになってくれるんじゃないかと期待している。

写真を撮りにいった北谷の穏やかな海

サイトウカナエに絵を依頼してみたい方

ということで、興味のある方はコンタクトからご連絡いただければ、見積もりなど回答させていただきます。

現在ちょっと立て込んでいますが、新規のご依頼も2022年10月頃から対応できる可能性があります。(2022年8月初旬現在)

有難いことに20年以上、絵を生業にできていますが、

描いた絵で誰かをびっくりさせたり、喜んでもらえたら、やっぱり何より嬉しいです。